menu
デザイナーズ住宅メーカー【神奈川版】 » デザイン・注文住宅を建てる上で知っておきたいポイントと注意点 » 注文住宅の間取りの決め方

注文住宅の間取りの決め方

注文住宅を購入する上で、楽しみでもあり、悩みどころでもあるのが、間取りを決めることです。WEB上でシミュレーションできたり、実際の施工例なども閲覧できたりと、参考になるものもたくさんあります。しかし選択肢が増えることで、悩みも増えていきます。また、子供の年齢によっても、優先したい動線や設備は変わってくるでしょう。

そこで、間取りを決めるときのポイントや、生活しやすい動線、いまどきの間取りなどにについてまとめてみました。

間取りを決めるときに優先させたいことは?

大容量の収納

注文住宅を検討している方へのアンケートで、「最も重視しているのは?」と尋ねると、半数近くの答えが「大容量の収納」であるという結果がでています。形も大きさも多種多様な物を、すっきりと収めることができたら、急な来客に慌てることもなく、掃除もしやすくなります。どの部屋にどのくらいの広さの収納をつけるのか、間取りを決める段階で一緒に考えた方がいいでしょう。

収納する物について把握する

収納を考えるうえで各部屋の荷物の量や種類などをきちんと把握しておくことが大切です。

例えばキッチンの収納などは、ストックの品や食器など、細々としたものが多いですよね。収納も、奥行きの深いものよりも、横に広くスペースを取る方が、使い勝手も良いでしょう。

大きな物を収納する場所は間仕切りを少なめにしたほうが片付けやすくなります。収納するものによって、スペースを確保することがすっきりと美しく見せる間取りのコツだと言えるでしょう。

動線から考える間取りのポイント

家の間取りを考えるときに、特に重視したいのが、生活動線です。いくつかの動線ポイントから考えてみましょう。

効率よく家事がすすむ、「家事動線」

いくつもある家事の中でも、重労働と言えるのが洗濯と料理です。「重いものを運ぶ」「家の外に出る必要がある」という共通点から間取りを考えましょう。

キッチンには駐車場からすぐに入れる勝手口を作ると、買い物の荷物を運び入れるのが楽になります。また、ごみを出すときにも家の中を通らずに出られるメリットもあります。

キッチン、パントリー、ランドリールームを勝手口の近くに設置すれば家事も楽になるでしょう。勝手口からバルコニーへ繋がるようにすれば、洗濯物を干すのに出るのも楽になります。

通勤通学の準備をスムーズにする「朝の動線」

朝は家族全員が通勤通学など出かける準備で忙しいため、洗面所での混雑は避けられません。同時に2人で身支度できるような大きな鏡や洗面台を設置したり、トイレを二つ設置するなども考えたいですね。小さなお子さんの支度を手伝いながら、家事もするお母さんのためにもキッチン、リビング、洗面所は回遊できる動線にしておくと便利です。

他の3つの動線にも影響「衛生動線」

水回りは一か所に集中させることで、家族の動きが良くなることも多く、配管工事の際の費用が軽減できるというメリットがあります。

しかし、トイレの位置は悩みどころだと言えます。洗面所と同じスペースは避けたいですし、どの部屋からも行きやすいところとなると意見が分かれそうです。迷ったら玄関脇に設置するのが無難でしょう。

来客があっても家族がくつろげる「プライバシー動線」

家にお客様を招待したときでも、家族のプライバシーは保ちたいものです。とくに洗面所や浴室など生活感の出ている部分は隠しておきたいものでしょう。

客間を設けるなら、家族の動線の妨げにならない場所を客間にすることがポイントです。例えば玄関から入ってすぐ横に客間にできるスペースがあれば、家の中を通らずに案内することができます。

リビングにお通しする場合には、キッチンはある程度見えてしまうものですが、キッチンの近くに家事室を作れば、そこに片づけておくこともできます。

いまどき人気の間取りヒント集

家族みんなが多目的に利用でき、程よい距離感が保てるリビング

LDKを、壁や柱で区切らず、ワンフロアで広くとることで、お互いの様子がわかりつつ、遊び、くつろぎ、家事、勉強などができるような空間にします。続きの和室やテラスなども開放することもでき、和室は閉めることで、玄関から直接入れる客間にすることもできます。

隠れ家的な半個室がつくれるスキップフロア

子供部屋の動線上に棚やさっと座れる机といすなどを置いておくと、子供が机に向かう習慣にもなります。

小さいお子さんに個室はまだ早いけれど、少し独立した空間を、と考えているときにも、リビングの一角などに設置することで、リビングにおもちゃや子供の持ち物が散らかりっぱなしという状態がなくなります。

住居スペース自体がコンパクトで、なかなか部屋数を増やすことが難しいという場合にも、高さを変えるだけで、半個室のような空間を作れるのもうれしいですね。

神奈川のデザイナーズ住宅メーカー徹底ガイド