外断熱と内断熱の違い

快適な住宅づくりに欠かせない外断熱工法と内断熱(充填断熱)工法の違いについて詳しく解説しています。

外断熱工法と内断熱(充填断熱)工法の違い

「断熱」とは、屋根・壁・床などから伝わってくる熱の流れを遮断すること。外部からの熱の影響を少なくすることで、住宅内部の環境を一定に保つことができます。

一般的な注文住宅に使われている断熱の方法には「外断熱工法」と「内断熱(充填断熱)工法」の2種類があり、それぞれに特徴があります。

外断熱工法

外断熱工法とは、構造体を外側から断熱パネル・断熱ボードなどの素材ですっぽりと覆う方法。使用される断熱材には、硬質ウレタン・グラスウール(繊維)・ロックウール(岩綿)などがあります。

家全体を断熱材で包むため気密性・断熱性・防湿性が高く、吹き抜けなどの大空間があっても室内環境を一定に保つことが容易。

柱などの構造体をも保護してくれるため結露による腐食が起こりにくく、家が長持ちするというメリットがあります。ただし、日本では施工に慣れている業者がまだ少なく、内断熱に比べるとコストもやや高めです。

内断熱(充填断熱)工法

内断熱工法とは、柱と柱の間・壁内に断熱材を挟みこむ方法。充填断熱工法とも呼ばれ、在来工法(木造軸組工法)のほとんどに使用されています。

使用される断熱材にはセルロースファイバー・グラスウール・発泡ウレタンなど各種ありますが、一般的に採用されているのは繊維系の断熱材。

コストが比較的安く、施工もしやすいのがメリットです。気密性は外断熱よりも低いため、しっかり気密工事を行わないと結露ができやすいのがデメリット。

また、施工業者の技術力によって完成の良し悪しが左右されるという特徴もあります。

注文住宅・デザイン住宅にはどっちがおすすめ?

注文住宅やデザイン住宅は、設計やデザインの自由度の高さが魅力。そういった点でおすすめできるのは「外断熱工法」です。

外断熱工法は建物全体を断熱材ですっぽりと覆うため、家のどこにいても温度・湿度が一定に保たれているのが特徴。

外気の影響を受けにくく室内を効率的に冷暖房できるのもメリットで、広々としたリビング・吹き抜け・リビング階段などがあっても省エネで快適な暮らしを実現できます。

さらに、これまでの工法ではデッドスペースとなっていた小屋裏も住スペースにできるため、ロフト・小屋裏収納などの設置も可能。自由で遊び心のあるデザイナーズ住宅には、うってつけの工法なのです。

また、外断熱では柱や構造部分も室内と同等の温度・湿度が保たれるため、腐食の原因となる結露の心配もなし。カビ・ダニなどの発生を防ぎ、健康的で体に優しい住まいとなります。

海外では主流となっている外断熱工法ですが、日本国内での普及率はまだまだ低め。しかし、その性能の高さ・デザインの自由度などの観点から、外断熱を選ぶ利用者も増えています。

デザイン住宅を手がける工務店・設計事務所・ハウスメーカーなどでも採用しているところが増えてきているので、検討してみるとよいでしょう。