menu
デザイナーズ住宅メーカー【神奈川版】 » デザイン・注文住宅を建てる上で知っておきたいポイントと注意点 » 設計事務所と工務店の違い

設計事務所と工務店の違い

設計事務所と工務店の違いって?

一般的に使われている設計事務所と工務店ですが、明確な定義や建築士法で定められた決まりはないようです。設計事務所は建物の設計をする建築家が所属する会社、工務店は地域密着型の小規模な会社というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

ところが最近では、「設計事務所」や「工務店」と名のつく会社は数多くあり、その特徴もひとことでは説明できなくなってきているようです。

設計事務所 とは

設計事務所の仕事

設計事務所は、その名の通り建物の間取りや外観といった設計をする会社です。もちろん、いろいろなタイプの設計事務所がありますが、設計を主に業務として行っています。

そして設計事務所の仕事には、施工する業者(工務店など)が、図面通りに建物を建てているかを見る「工事監理」という仕事もあります。

ちなみに、注文住宅を請け負う工務店には、自社で設計までする所と、自社で設計を行わず、設計事務所に依頼し、施工だけをメインにしている工務店、また、その両方を行っている工務店があります。

設計事務所の主な仕事は建物の設計ですが、建物といっても個人の住宅から大規模なビル、公共の建物など、さまざまな建物があります。こうした建物を建築しようとする場合、建築主は申請書により建築確認を受けて確認済証の交付を受けなければ建築することができない決まりがあり、こうした手続きを建築確認申請と言います。

この建築確認を役所に申請するにあたっては、「建築士」という国家資格が必要なので、建築家の多くは建築士の資格を持っています。

先の所で、設計事務所は建物の設計をする建築家が所属する会社としたのは、こうした理由によるものですが、すべての建築士が設計事務所に所属しているわけではありません。ハウスメーカーや建設会社、工務店に所属する建築士もいます。

設計以外の仕事

建物の計画から完成までにはさまざまな段階があり、各段階で必要な業務を行います。

設計事務所が各段階で行う仕事を段階ごとに見ると

  1. 建物や土地などの調査や資金計画
  2. 設計
  3. 建築確認申請
  4. 工事監理
  5. 引き渡し前の検査

設計事務所の種類

設計事務所は、いろいろなタイプの設計事務所があります。例えば、建築家の個人事務所である場合や複数の建築家が共同で運営する組織事務所などです。

しかし最近の設計事務所は、大まかにわけると「組織系」と「アトリエ系」に分けられるとする見方が業界内にはあるようです。ただ、この場合でも明確な定義や建築士法で定められた決まりはありません。

そもそも「アトリエ系建築設計事務所」という言い方は、建築家のノーベル賞といわれれるプリツカー賞を受賞されポストモダン建築を牽引した建築家の一人である磯崎新さんが由来だとされているそうです。

組織系とは、設計専業で特に規模の大きな建築設計事務所であり、建築工事現場での監理もできる設計事務所。アトリエ系であれば、規模よりもオリジナルなデザインを重視している事務所かどうかが目安になっているようですが、アトリエ系と組織系の性質の両方を持った設計事務所も出てきているようです。

工務店

工務店とは

日本では昔から大工の棟梁(親方)が設計から施工の両方を引き受け、住宅建築にかかわる職人たちも棟梁が仕切ってきました。この大工の棟梁が発展した形態が工務店で、個人の住宅を建てるのは、主に50人くらいまでの中小工務店が多いと言われてきました。

しかし現在の工務店は、こうした伝統的な形態とはずいぶん違うものもあり、大手ハウスメーカーのようにモデルハウスや住宅展示場を持つ工務店や自社で開発したブランド名の住宅がある工務店、本社のほかに支店や営業所を置き広域にわたって営業し施工を行う工務店さえ増えています。

工務店の種類

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは

テレビのCMや全国にある住宅総合展示場などで見かけることも多いせいか、比較的お馴染みの会社も多いハウスメーカー。家づくりのさいに、最初に思いつくのが全国に支店を持つ大手ハウスメーカーかもしれません。

しかし、このハウスメーカーという呼称にも、やはり正式な定義は無く、日本国内全域に広範囲の規模で展開する住宅建設会社のことを指し、住宅メーカーと言われることもあります。

また、8社会と呼ばれる組織に所属する、積水ハウス、セキスイハイム(積水化学工業)、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)、ミサワホーム、住友林業、三井ホーム、大和ハウス工業、パナソニック ホームズを指すこともあれば、これら8社の他に新興メーカーといわれる一条工務店やタマホームなどを含めている場合もあり、定義が曖昧なため、それぞれの企業で自社をハウスメーカーと称していることも多いようです。

ハウスメーカーの特徴は、なんと言っても規模の大きさですが、全国各地に営業拠点を持ち、各地の住宅展示場に複数の自社製品をモデルハウスとして展示している点も特徴のひとつです。

設計から施工まで一貫して行い、自社で生産設備を持ち、部材を加工して現場に搬入したり、住設機器を大量に仕入れることで原価コストを抑えるだけでなく、工場で大量に生産される建材や製品を使用することで、工期の短縮や品質の安定化も実現させています。

また規模の大きさは、コスト面だけでなく、10年以上の長期保証制度や365日24時間体制どなのアフターサービスなどの安心感にもつながっています。

ただしCMや全国に展示場を持つなど広告宣伝費が住宅の価格に反映されるという、側面もあり、メリット・デメリットともに規模の大きさに起因するものとなっているようです。

デザイン住宅VS大手ハウスメーカー

地元の工務店は、将来的に大丈夫なのか。長期保証のある大手ハウスメーカーなら信頼感はあるけど、価格が高い。マイホームの建設を考えたことのある方であれば、多くの方がこうした問題に悩んだことがあると思います。

設計事務所、工務店、ハウスメーカーによって作られてきた日本の住宅ですが、日本における住宅の平均寿命は約27年と短く頻繁な建て替えが必要になることから、環境負荷という問題が指摘されるようになってきています。

またハウスメーカーによる量を重視した供給などにより、どこに行っても同じような家屋が並ぶ画一的な街並みなどの問題も指摘されています。

そのため、国土交通省では住生活基本法の制定や、長期優良住宅制度(200年住宅)の施行など「量より質」を重視した住宅政策に転換し始めています。

家づくりにおいて、住宅会社選びは重要かもしれません。大手ハウスメーカーと地元の工務店、設計事務所、それぞれのメリット・デメリットを知識として知っておくことも大切だと思います。

でも、本当に大切にしたいのは、あなたが本当に住みたい家かどうか。家づくりで一番大切なのは自分の住みたい家を作ることだったはずです。

信頼や保証も大事なことですが、そろそろ自分が本当に住みたい家について優先させる時代へと変わってきているのではないでしょうか。

神奈川のデザイナーズ住宅メーカー徹底ガイド