menu
デザイナーズ住宅メーカー【神奈川版】 » デザイン・注文住宅を建てる上で知っておきたいポイントと注意点 » 費用目安と優遇税制

費用目安と優遇税制

注文住宅・デザイン住宅を建てる上で気になる費用相場をリサーチ。家づくりにかかる費用の目安だけでなく、長期優良住宅による減税やフラット35などの情報もまとめています。

注文住宅にかかる費用の相場を知ろう

注文住宅・デザイン住宅を建てるにあたり、気になるのはやはりその費用。家を建てる地域・土地・デザイン・施工業者などによって費用は異なりますが、おおまかな費用の目安を調べてみましたのでぜひ参考にしてください。

以上が、住宅本体を建てるのにかかる費用。それ以外にかかる費用は以下の通りです。

注文住宅・デザイン住宅をお得にできる減税ポイント

質の高い住宅を建てるからこそ得られるメリットとして、「長期優良住宅」と「フラット35」についてまとめました。

長期優良住宅

注文住宅・デザイン住宅では、一定の条件を満たすことで「長期優良住宅」という認定が受けられます。認定を受けると、住宅ローン減税・固定資産税・登録免許税などが安くなるというメリットがあります。

そんな長期優良住宅の認定を受けるための条件は以下の通り。

これらの条件を満たし、都道府県・市・区などの所管行政庁に認定申請を行なうことで、認定を受けることができます。長期優良住宅は着工する前にすべての手続きをしておく必要があるため、希望するなら早めに施工業者へ相談しておくようにしましょう。

フラット35

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構による長期固定金利住宅ローン。最長35年のローンを組むことができ、借入時に返済終了までの金利・返済額が確定するのが特徴です。

一般的な住宅ローンに比べて審査基準がゆるく、全期間固定金利なのでライフプランを立てやすいのがメリットです。

また、フラット35の申し込み者が耐震性・省エネルギー性に優れた住宅を購入・取得した場合に適用される「フラット35S」という商品もあります。適用されればフラット35の借入金利が一定期間引き下げられるため、ぜひ覚えておきましょう。

神奈川のデザイナーズ住宅メーカー徹底ガイド