HOME » 神奈川県内でデザイン住宅を手掛けるハウスメーカーリスト

神奈川県内でデザイン住宅を手掛けるハウスメーカーリスト

ここでは、神奈川でデザイン住宅を手がけるハウスメーカーをご紹介しています。以下にハウスメーカーで住宅を建てるメリット・デメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

メリット

家アイコン品質の安定性が高い

ハウスメーカーでは独自の建材や素材などを開発しており、品質のバラつきが少ないのが特徴。木造建築・2×4(ツーバイフォー)・RC造などの工法についてもシステム化されているため職人の技術力の影響を受けにくく、品質が安定した住宅をつくることが可能です。

工期も比較的短く、スケジュールが狂ったり長引いたりすることが少ないのもメリットです。

家アイコン保証の安定性

大手のハウスメーカーは上場企業も多く、デザイン住宅の保証期間内に会社が潰れてしまうなどという心配が少なめ。20年・30年といった長期の保証でも、比較的安心してアフターフォローを任せることができます。

家アイコン最新技術の導入

ハウスメーカーの多くは、耐震・断熱・省エネ機能などの最新技術をいち早く取り入れています。そのため、最新の技術を導入した高性能住宅を建てることが可能です。

街の工務店などではこういった独自の技術開発は難しいため、これはハウスメーカーの大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

家アイコンデザイン・設計の自由度が低い

ハウスメーカーの住宅は、その多くが「規格住宅」。オプションで素材・カラー・設備などを選択できる商品もありますが、基本となるベースを変えることは難しいのです。

そのため、「廊下の幅を少しだけ広くしたい」「コーナーに窓をつけたい」などの要望が通りにくく、設計の自由度は他に比べて低いものとなります。

家アイコン狭小土地・変形土地の対応が苦手な業者も

ハウスメーカーでは住宅が規格化されているため、狭小土地・変形土地などへの対応が困難。土地の形状に合わせてデザイン・設計を変えていくことができず、希望通りの家ができないこともあります。

また、ハウスメーカーでは実際の施工を下請け業者に依頼しますが、依頼先の技術力によって完成度にムラが出ることも。

家アイコンコストが高い

ハウスメーカーでは、モデルルームや展示場の維持経費・広告費・人件費などに多大なコストがかかっています。そのため一般的な工務店などと比べると、施工費用が比較的高くなってしまいます。

また、家の設備が提携している業者の製品しか選べないということもあり、選択肢が少なく効果になってしまうというケースもあるようです。