HOME » 神奈川県内でデザイン住宅を手掛ける設計事務所リスト

神奈川県内でデザイン住宅を手掛ける設計事務所リスト

ここでは、神奈川でデザイン住宅を手がけている設計事務所をご紹介しています。以下に設計事務所で住宅を建てるメリット・デメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

メリット

家アイコン希望に合わせたデザイン・素材を選択できる

設計事務所でつくるデザイン住宅には一切の制約がなく、完全な自由設計が可能。素材・工法・設備なども自由に選択でき、細かいこだわりまでしっかりと取り入れた住まいづくりが実現します。

また、設計・建設のプロならではの提案力・アイデアなども魅力の1つとなっています。

家アイコン土地に合わせた柔軟な対応力

デザインに制約がないため、狭小土地・変形土地への対応も柔軟。その土地に合わせたプランニングはもちろん、プライバシー・住み心地・環境などに配慮したデザイン住宅の提案が期待できます。

また、限られたスペースを有効活用するアイデア・工夫なども設計事務所の得意とする分野。空間をうまく使ったオシャレなデザイン住宅も期待できます。

家アイコン第三者視点での品質管理

設計事務所にデザイン住宅を依頼した場合、施工するのは一般的に下請け業者となります。ただし設計だけして後は丸投げというワケではありません。

設計士は施工業者がプラン通りに施工を行っているかを第三者視点で厳しく監理し、施工が適切に行われているかを常にチェックしてくれます。

デメリット

家アイコン打ち合わせに時間がかかる

設計事務所によるデザイン住宅は、すべてが完全オーダーメイド。依頼主の希望・イメージ・こだわりを細かくヒアリングし、設計に取り入れるための打ち合わせがとくに重要となります。

忙しくて時間が取りにくい方などは設計から完成までの期間が長引き、その間にライフスタイルなどの条件が変わってしまうというケースもあるようです。

また、設計士が提出したプランと依頼主のイメージにすれ違いがあると、打ち合わせが長引きなかなか作業が進まないことも。

家アイコンコストが高い

設計事務所の大きなデメリットは、コストが高いこと。1つ1つのデザイン住宅をゼロから設計士なくてはならず、下請け業者に渡す図面も作成する必要があります。

そのため、一般的な工務店やハウスメーカーに比べると、その価格は倍以上。設計事務所にもよりますが、数百万単位のコストがかかることもあるようです。